社員インタビュー SEPT.2019


入社7年目 営業部 倉上 知明さん

 

Q.アサヒ紙工に入社した理由を教えてください。

A.以前は自動車関係の職場で働いていたことがあり、そことアサヒ紙工が取引相手であ

  ることもあって自分の経験が生かせると思いました。

Q.あなたとっての段ボール産業の魅力は何ですか?

A.紙なので加工がしやすくイメージに近いものを形として作れ、お客様が欲しい梱包資

  材の形にマッチするのが魅力だと思います。

Q.仕事をするうえで心がけていることは何ですか?

A.営業の仕事は終わりがないということがあると思うので、時間をかけ過ぎないように

  見極めることが重要だと思います。自分が5分間悩む間に製造部も5分間作業が進めら

      れないと重大なことになるので、自分も製造部と同じ時間を共有するとが大切だと

                                                                             思います。

                         Q.今の仕事でやりがいを感じることは何ですか?

                         A.  段ボールには一般のお客様の目に触れるものだけでなく、触れられないものもあります。

                                                                            けれど、お店の商品として並ぶころには取り外される外装箱も、実際には物流に欠かせ

                                                                            ない存在となっています。そんな段ボールが、物流の裏側で活躍していると感じる瞬間

                                                                            に仕事としてのやりがいを感じます。

 


勤務3年 製造部 小曽根 絵梨佳さん

        Q.アサヒ紙工に入社した理由を教えてください。

                   A.もともとパートとして働いていたころ、製造部の部長に声を掛けてもらって当

                         時していたワンタッチグルアの仕事をしたいと思っていて、また子育てもして

                         いて優遇してもらえると言われたため、準社員として働きたいと思いました。

                   Q.職場の雰囲気はどうですか?

                   A.和気藹藹とお互い自分の言いたいことも言えて、良い職場の雰囲気だと思います。

                   Q.仕事をするうえで心がけていることは何ですか?

         A.不良品を出さないことですね。ワンタッチグルアは底部と横部ののりが出づらく

        て、一発で箱 にできないと意味がないのでうまく製箱できているかよく確認し

                           て作業を心がけています。      

                                        Q.今の仕事でやりがいを感じることは何ですか。

                                        A.自分が機械をセットして、一回も失敗しないで最後までやりきったときに嬉しく

                           感じました。


入社4年目 製造部 貼合 新井 貴陽さん

 

          Q.アサヒ紙工に入社した理由を教えてください

          A.私の祖母が元々パートで働いていたことがあり、祖母が私にアサヒ紙工を紹介

           してくれたのをきっかけに、自分も入社しようと思いました。

           Q.仕事をするうえで心がけていることは何ですか?

           A.貼合の予定が遅れてしまうと製造工程全体に支障が出てしまうので、生産予定

            時間に遅れないように常に心がけています。

           Q.今の仕事でやりがいを感じることは何ですか?

            A.時間通りに生産を進められた時には、工程が滞りなく行えて仕事のやりが

                                                                            いを感じる時があります。